目の健康を守るには

ブルーベリー

目が疲れる原因

パソコンやスマホなどの画面からはブルーライトと呼ばれる青い光が出ています。青い光は波長が短いので目の網膜にまで達し、長時間浴び続けていると目の疲れの原因になります。厚生労働省では1時間画面を見続けたら15分は休憩するよう推奨しています。またパソコンなどの画面を長時間見続けていると、目の周りの筋肉が固くなって血流が悪くなります。これも疲れ目や視力低下を引き起こすだけではなく、様々な目の病気の原因になります。目の疲れや視力低下を防ぐ食べ物にブルーベリーがあります。ブルーベリーに含まれているアントシアニンという色素は、目の網膜が傷つくのを防ぐとともに細胞を再生させる力があります。目の疲れを防ぐとともに、健康にしてくれます。

すぐに目の疲れが取れる

ブルーベリーの良いところは即効性があるところです。食べてから4時間後には効果が現れ始めるので、パソコンを使用する前に食べておくと目が疲れるのを防げます。しかしアントシアニンは体の中に蓄えることができないので、目の健康のためには毎日食べる事が大切です。必要な量は生なら60g〜300g、乾燥した物だと12〜25g、ジャムでは40〜90gとなります。ジャムだと砂糖摂取量も多くなり、生のものだと大量に食べなくてはいけないので毎日摂るのなら乾燥したものが一番摂りやすいと言えます。もっと簡単にアントシアニンを摂取できるのがブルーベリーサプリメントです。摂るのが簡単な上に、値段も生のものや乾燥ブルーベリーを購入するよりも安くてすみます。